阜新万人坑遺跡は、国務省は2006年の算定を6陣全国重点文化財保護単位、2009年中央宣伝部は全国の発表愛国主義教育モデル基地、2014年には第1次の国家碩学国務省発表抗戦の記念施設、遺跡に登載され、2015年国家国防教育室は第3次国家国防教育モデル基地、2016年の中央文明办授与の全国公共文化サービス施設学雷锋ボランティアサービスモデル単位。
      阜新万人坑遺跡に、遼寧省阜新市太平区孙家湾街新园街1号、延べ面積56.97ヘクタール、阜新万人坑遺跡产陈列馆(テーマ展を『すれすれ杀·抗争』)、抗暴青工遺骨館(東館)、惜しくも散華し鉱夫遺骨館(西館)は、最も完全保存东北内最大規模の1ヵ所、惜しくも散華し鉱夫群葬遺跡。1968年9月の開館は今、接待全国各地に観客410万人あまり、教育した世代は忘れないように、世代国恥振興中华。